スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年の4月

私にとって、この4月は半端無く、目まぐるしい勢いで過ぎて行った。

しばらく音信の途絶えていた友人から着信があったこと。
本当に嬉しかった。百人力のエールを貰ったような喜び。

遠く台北まで出かけ、命の洗濯をして来たこと。
もう、行くことはないとしていたから、これは余生と思う。

狭いけれど、好みの部屋にリホームしたこと。
スッキリと整理がつくのは梅雨明けの頃か・・・
自分のための快適な夏に向かって一歩を進める覚悟。
スポンサーサイト

道子さまへの報告 2

パンダ
道子様
失礼申し上げました、熱めのお茶で、ほっと一息入れました。
この写真は3分間だけ会えたパンダです、可愛かったです、子どもっぽくヤンチャな感じ、その隣の写真はホテルの入り口、下がカニの蒸しごはんです、セイロが気軽に使われています、野菜でも蒸したのは美味しいですものね。   

動物園はパンダを見ただけ、猫空ロープウエイも1時間待ち、そうまでしてお茶やキティキャビンを見たくありませんもの。 
次の目的地「101展望台」へモノレールで・・・シートがポリエチレン製らしくて座ると前へ滑り落ちる感じ、それは私の偏見かも?
皆さんは整然とおかけになっておられました。4つ目の駅で地下鉄に乗り換え台北の繁華街へ。
三越デパートもありました、ニトリも台湾で見ました、日本の企業は沢山あるとのことです。

どこへ行っても行列、101展望台も御多分に漏れず、並びました、超高速のエレベーターの行く先は85階止まりでした、そこから上へは霧が発生した為に昇ることは不可となりました、85階といっても高所で怖いです。 ここは入場制限があり楽に見て回れました、地震の揺れを緩和するおおきな円形の機械に人々が群れていました。

このビルの3階に小籠包を作るフロアがあって30人位の白衣調理人が、ほんと忙しそうに小籠包を作り、蒸しあげておりました、私たちは、ここでも出来立てを食べてきました、30分以上待っての食する権利を得てから後のことです。
下町の食堂で夕食をして、リンパマッサージで第2日目を終えました。

代3日目、 国父記念館(孫文の記念館)の10時の衛兵交代式を見る。衛兵さんが素敵でした、身長は180容姿端麗、もちろん頭脳明晰、陸、海、空軍から選りすぐった隊員さんとのこと。
しかし大変です、任務中の1時間、汗が出ても身じろぎは許されなく、銃剣を斜めに構えての直立不動、汗や衣服のゆがみを直す専従の人が気配りをしていました。
日本からのツアーの一行に会い、日本後語を聞いて心が安らぐ思い、これは何なのでしょうね、・・・

総統府は入場券が取れず周囲を見て回りました。  そこから1時間かけ「九份」へ行きました。「千と千尋」の撮影に使われた景色で有名になったとのことです。  
急な坂道、山肌に家がしがみ付くように建っていて、暑いせいで戸締りは無く家の中が丸見えでも、人々は一向に平気で生活しています、山の奥深い場所のせいか天候の変化が著しいと思いました、晴れ間があり、濃い霧が2度、3度掛かり視界を遮りました。土産物屋がずらり、食べ物やもずらり、孫とガイドさんはアイスクリーム買って食べてました。

九份を下り、ガイドさんお薦めのウーロン茶やで土産物を買う、 これはガイドさんへの思いやりです。
夜は夜店を見て回り、としこさんから聞いていたパッションフルーツを見つけました、香りを嗅いでいたら、店の人がナイフで上の方を切りとってスプーンをくれたので中身をすくって、食しました、甘すっぱくて、満腹時にはすっきり感がありました。

ホテルへ帰り、NOBU談話室へ出られないものか?とWI-FIで接続、2度失敗後、繋がりました、あの時は嬉しかったです、日本と通話どころか映像までも、やり取りできるのですから、感動しました。
NOBU先生ありがとうございます。  NOBU談話室があってこそ、このような最新のIT世界の恩恵を受けられました。

最終日の午前中は台北市内の下町界隈をぶらつき、「カキ氷」を食しました、コヒーカップを横に2個並べた大きさの深いフルーツ皿の中央にミルクのカキ氷、両脇に凍らせたスプーン大のマンゴウがトッピング、けっこう山盛りに。それにマンゴウの果汁がかかっている・・・これを3人で食べても十分だったし、意外に美味しかった。  お昼まで、マッサージ、今回は足の裏も、驚いたことに、足の裏から垢がいっぱい出た、ウッソ~と思った、私があんなに垢まみれだったとは!イヤハヤ何とも言えません、でした。

「台湾のチェックアウトは正午12:00」 これは余裕ができてありがたいです。ゆっくり準備できますから。
12時にチェックアウトしてガイドさんの車で桃園空港まで送ってもらいました。
帰りのフライトはJAL822便 15:45  免税店を覗きましたが、興味のある物は、何もありませんでした。

私たちは、無事に名古屋セントレアへ着き、沖縄から8時に到着したS氏と合流、我が家まで送って頂きました。
以上が道子様へのご報告です。
先のことはわかりませんが、ご一緒できる日があるやもしれません、お互い元気に過ごしましょうね。
                                                           かしこ

                   平成28年4月8日
                                                           玲  子

道子様への報告 1

中正紀念堂と衛兵

道子様憧れの台北へ行ってまいりました。
ご子息様のご厚意に甘え、素晴らしい旅を楽しんでまいりました。 12,3年前彼らのハワイ旅行に道子様と同行し、キラウエア火山観光に行った時を思い出し、今回もご一緒であったら…など思いました。

フライトは名古屋から3時間ですから、近いですね、温かいし、この時期なら私たち高齢者にも行けると思いました、唯、孫どのの介添えは必須かと思われます・・・

滞在先はグランドホテル、圓山大飯店と言った方がわかり易いです、上等の部屋が用意されていました、4日間くつろぐに十分な配慮がなされ、水回りなど、言うことなしです、広かったですね、14坪と記載されていました。
と同時に、これはずいぶんな、ご散財を掛けたと恐縮しています。

桃園(トウエン)空港到着時には、S氏が手配した日本語堪能な女性ガイドが出迎えてくれて、ホテルにチェックイン、荷物を置いて早速観光。 中正記念堂(蒋介石の記念館)で4時に行われる衛兵交代を観ました。
蒋介石座像の下段左右に一名づつ衛兵が直立不動で1時間交代で立ちます、その交代の儀式が観光できて、混雑しております。
館内は広く70年以前の歴史上の人物との会談写真の年表や素晴らしい車など展示、吉田茂とのツーショットもありました。

それから、古いお寺(龍山寺)に行きました。大きな赤い蝋燭が燃えて、参詣者が3本の50センチ位のお線香に火をつけて大きな香炉に投げ入れ、あたりは煙が立ち込めていました。 病気、受験、幸せを祈る気持は何処も同じです。日本にもこういうお寺がありますもんね。

夕食はレストランで、大皿に一品づつ、それを孫、ガイド、私の3人で食べます、台湾の美味しいものを選んで注文してもらいました、空芯菜の炒めもの、カニの炊き込みご飯、鶏、ポーク、蒸し物、魚、食べきれないほどの種類でした。それが、みんな美味しいと来てるから、どれだけ太って帰るのかしら・・でした。

食後はリンパマッサージを60分・・・日本の指圧と似てる、蒸しタオルで全身を覆いオイルで指圧、大いにリラックス。
9時に京劇観光、これが1時間位のショウ、 高度な体操系曲技団のようでした。
男女に分かれてのショウ、ソロ演者、顔のお面が赤青黄緑黒と変るその都度、大きな拍手が・・・ この人が人気を拍していました。
私は「撮影禁止かも?」と危惧しながら、所々写真を撮っていました、案の定「ストップ」女性の鋭い声がして、後ろから肩を叩かれました、ドキドキッ! でもそれだけで済みました、やれやれです。  で、くたくたに疲れて明朝10時の約束で1日目は終りました。

第2日目です。
日本との時差は台湾時間でマイナス1時間、日本が正午12:00、台湾では午前11:00です。
気温はマチマチでした。暑い日は31度、曇って肌寒い感じは17度、平均は23度位でした。17度の時、ガイドさんは薄めのダウンを着てた位です、夜市…(夜店のこと)では薄手のダウン欲しかったです。

遅い朝食のあと、故宮博物館へ。 昨日はガイドさんの自家用車でしたが、今日はタクシーです。 
入場は厳しかったです。水、食物は一切ダメ、金物、リュック、大き目バッグは入口で預かりになりました、私はボトルを取り上げられました、日曜日とあって、外国観光客のほかに現地の家族ずれも多く大混雑、ゆっくり立ち止まって眺めることはできず、後ろから押されて前に進みました、お目当ての翡翠白菜、他多数の宝玉は南部院区アジア芸術文化博物館へ2016/10/2まで移転と説明、せっかく訪れながらも見ることは叶いませんでした。  でも象牙彫刻のボール、青磁、青銅器、王族の執務室、調度品などはよ~く見ました。  音声ガイドを借りたとしても、説明場所と一致できない大混雑、はるばる遠方から来る見学者のために、入場制限など必要と思いました。土産物屋も、どこかの喧しい爆買の人々が群がり覗くことすらできませんでした。

故宮博物館からバスで動物園へ。ここで30分の休憩、下町のコンビニで腹ごしらえ、ウーロン茶で味付けしたゆで卵、お好み焼き風クレープ、コーラを。ウーロン茶卵は日本の燻製卵と変わりなく、な~んだって感じ。
一服後、目指すパンダの所へ、ここも長い行列、地面に座って待った甲斐あり、約1時間後にはパンダ館へ、居ました、居ました、可愛いパンダ、2頭が別のガラス貼部屋に、ブランコ、木登り、タイヤくぐり、元気に遊んで、顔がこちらを向いてくれません、もっと見たいところ係員が来て後者のために前者を押しのけて列を先へ追いやりました、3分位しか見れなかったとおもいます。
パンダに会えて、ほんとに嬉しかったです。

道子様 お疲れでしょう。 ながながと。 ここで少し休憩をいただきます。
※※ 写真は「中正記念堂」です。蒋介石の活動した年表や使用した乗用車などが展示されています。
    左側の写真は、蒋介石座像の下で見張りに立つ衛兵です。

プロフィール

れいこ24

Author:れいこ24
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。