FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬のこと

昨年大晦日、自宅前で起きた火災で、6階建てビルの側面が煤煙の被害に会い、その修復が
今日始まった。
地上から屋上まで足場を組む作業、とても危険、ガードマンが3人で見物人に「立ち止まらないでください」
と整理、まだ若い職人さんがマシラの如く上下した。

どうか墜落事故など起きませんようにと祈る。私は高所恐怖症、それも、かなりひどい。
歩道橋は一人では渡れない、今までは娘に手を引いてもらった。
カッコ悪いから、親が子供の手を引くように装って。 彼女が不在の時はそれを使わぬ方法を考えた。

としこさんは凄いと思う、あんな背の高い馬に乗って演技をされる。
骨折もあったようだ。 それでも続く乗馬、馬を愛し、心から愛でて居られる。
何と言っても、あの濡れた優しい眼、あの眼で見られたら、もうたまらない。
どんな人も虜になってしまうだろう。
しかし、馬には悲しいストーリーが多々あって、私は最近、こういった悲しい事、悔しい事
恐ろしいこと、暴力などに堪えられなくなり、避けて通るよういなった。
心理学的に見た場合どう説明されるんだろうか?老人性○○とでもなるのだろうか?
としこさんのブログにコメントをして、もう少し書きたかったから、ここに続きを記した。


コメントの投稿

非公開コメント

頭上に注意!

高いところ苦手なのですか、、可愛いらしいですね

とび職”の方を見たら、「怪我しませんように!」と思います
あの独特なズボン、仕事柄 理に適ってるようです

最近は高い樹にあまり上りませんが、剪定で必要に
せまられて、高い脚立に上がりますが、、やがて
登れないようになるでしょう、v-356

No title

れいこさん
  歩道橋も駄目なんですか?
高い所が心底怖いのですね、同じだなんていって御免なさい。

 私はお転婆でしたから、今でも木の枝に登って剪定もどきをい
たします。

 馬達の悲しいストーリーは人間の傲慢さが恐ろしい
 せめて身近にいる馬達だけも愛して上げて仲良くなりたい、
  平等に撫でて人参上げて、と単純人間なのです(-.-;)y-゜゜

アナ恐ろしや剪定とは

ちあきさま としこさま
鳶職の人への ”どうか怪我をしないで ” の思いは母の気持ちでしょうね。
高いビルや塔のガラス拭きは命がけの仕事です。ニュースでこのての話題は、見ないようにします。

私は高い橋から川へ落ちる夢を時々見ます、小学生の頃から。
当時長良橋は橋げたが分厚い板張りでした。古いから所々穴が空いて水面が見えるんです、足の裏からず~んと恐怖感が上り、思わず立ちすくんだ恐ろしい経験からだと思います。

お転婆さんなんて、懐かしいいです、最近聞かないですね、剪定できるお二人はお転婆さんだったよと私の脳裏に楽しいインプットです。

作文が お上手ですね

れいこさん~文章が上手ですね 何処を読まして頂いても 巧い!
羨ましいですぅ~ 爪の垢ほどい頂きたいです。

No title

ちかさま 穴に入ります。 しばらく出てきませんです。
プロフィール

れいこ24

Author:れいこ24
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。