FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のような暖かい陽射し、昨夜来の雨に背丈短き雑草は急速に伸びた。
これは、うかうか出来ない、早い内に手を打っておかなければ、昨年の二の舞だ。 
 まずは、あの蜂の巣当たり、巣の有無は確認できていないが、なんとしても始末せねばならない。 でなければ、また彼らに庭を占領されてしまう。

周辺を飛び交う蜂は多分 「あしなが蜂」 彼らは記憶がよくて、巣を一度撤去しても何度でも同じ場所に、営巣し、殺虫剤を散布し続けても、近辺に球体を作って、留まる習性があり、 駆除は難しいと言われている。
働き蜂は、冬を越すことなく秋に死んでしまい、女王蜂のみ冬眠する。  
余聞、 野生のミツバチは全員越冬する珍しい種類、冬眠はせず体を寄せ合い体温を維持する。 
女王蜂が冬眠から覚める3月前に、駆除に向け全力疾走の予定。

あれは昨年6月末、生まれて初めて蜂に刺された。  蜂との戦いはここから始まる。
否、負け戦だ、アナフラキシーショックこそ起こさなかったが、刺された後遺症は重症。  以来、蜂は天敵。

庭のキンカンの花粉に頭を突っ込む奴、イチジクの実を喰う奴、夾竹桃に群がる奴らがブンブン飛び交う。
遠く高い空に飛び立つ奴、反対に一直線に下り花に着地する奴、庭は蜂の世界と化した。

朝と夜の区別は厳然、活動は8時頃から10時がピーク、勢いは徐々に引くが、全く蜂が居ないわけではない。
どこかへ飛び立ち、夕暮れには戻る、そんな彼らの行動を家の中から恨めしく眺めた。
自分の家の庭でありながら、手のつけられない悔しい昨年だった。
今年は計画的に事を進めなければと考えている。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

◆蜂の習性や、種類のいろいろをヨーーく
観察なさったのですね、、   すご!
         我が家では 
スズメ蜂の対策に、2リットルペットボトルに
たぶん”息子がしているので”酒を少しいれて
ぶら下げていると、、捕れています、、いったん落ちると
逃げられないようです、、

足長の群れには、ジエット噴射ので対応します、
すぐに手の届くところに置いております、

それにすべての虫刺されに、、「タンサン」を玄関先においています
孫の為に、、、

情報ありがとうございます 

No title

ちあきさんの情報、即実行です。
ヤッコさんたち、お酒が好きってことかしら?面白いですねぇ!
酒の香りに誘われるなど、可愛いいと思います。

蜂の目覚めが待ち遠しくなりました。
珍しく、貴重な情報をありがとうございました。

No title

 蜂は怖いですね〜
 
 草むらにいて当たり前の感覚で過ごしておりました
未だ刺された経験が無い人間なので無知なのですね、
れい子さんの研究結果を読んで吃驚です。

 我が家の庭は狭くて、直ぐ横が駐車場排気ガスが
蜂予防をしてくれているかも...

 しかし、花は年中少しずつ咲いている、気を付ける事に
します。
 
 

No title

としこさん  コメント ありがとうございます。

駐車場の排ガスを蜂たちは嫌いでしょうね。
外来種「ツマアカスズメバチ」が、国内で見つかったそうです。

ミツバチを食い荒らし、人も襲う獰猛な蜂です。
3年前、長崎県対馬でみつかっています、繁殖力強く、日本の生態系にとって脅威となっています。 ニュースから。
プロフィール

れいこ24

Author:れいこ24
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。