FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大正105年

カレンダーをめくり、2月欄に灯油配達日を書き入れた。
すると右端に  「大正105年」 「昭和91年」 とあるではないか。 「ついでに明治も入れときな! 」 一人ごちた。

母は大正7年生まれだから、元気でいれば98歳である。

毎月「一日」 母は 「おついたちには、お赤飯」 と赤飯を炊く習慣があった。
 もち米ではなく、普通の米で炊いた「あずきごはん」である。
由来は神様に感謝する日だと言った、金が無く、小豆の買えない時は、お手玉を切腹させてまで、こだわったが、いつの間にかその習慣も消えて行った。  時々は 「一日」 に赤飯になった、お手玉を思い出す。
「お塩が無くなると、お金が無くなる」と言って塩を切らすことも嫌った。


居てほしかったなぁ・・・1か月位、温泉でゆっくりしたかったねぇ、今なら時間も何とかなるのに。
あの頃は忙しくて、とてもそんな余裕は無かった。

私は仕事を持ち、舅姑を含む5人家族の家事全般を切り盛りした。 働き盛りの夫は、ほとんど不在。
舅は「小品の会」を主催、会員が月に1回我が家で勉強会をもった。
姑もまた短歌をたしなみ、弟子を持っていたから、家事など一切しなかった。

そういうギリギリ生活の時に、母は入退院を繰り返したのだから、時間にもお金にも苦労したはずが、苦しかった思い出はない。
忘れてしまったのだ。  あの頃のことは、絵本の挿絵のように断片的に切りとられ、整理されている。
私の生活も挿絵となり、ひとひら、ふたひら流れて行く、人生って長くて、実は短いもの。

あちらへ行った家族に思いを馳せた。、エスカレーターで繋がっているから、ほんの少し先を行ってるだけだから、いつでも会える、会いたい時に会える。  今年は大正105年。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

◆記録ってお役立ちですネ、、◆母上様が98歳なら、ワタクシの母は105歳かな。。明治45年大正元年生まれ、だから、、、

■人は3度死ぬと何かで見たと、、検索してみました
、、『ヒトは3度死ぬ』
  一度目の死:世間から忘れられ、親族からも見捨てら
しまった状態
  二度目の死:肉体の消滅
  三度目の死:その人の生きた印の情報が完全に消え
てしまった状態

ワタクシは単純に、、大切な人を思い出さなくなった時、と 夫は日々ひそかに呼びかけています、今のところはね、、
★ご縁あった人々は何かの機会に自分が生きている間は、エピソードを思い出すでしょう、、、  

脱線しましたーーーもう少し脱線

■ワタクシの、お一日(おついたち)の習慣は 家神さんに、榊を上げ、掃除をし,家内安全をいのります、、昨日 その花瓶がわれていたので、、あちこち探して、走りました、、もののあふれているのに、欲しいものが、手にはいらない、、とうとう 陶器の里 「砥部」まで、、
神仏具店がちかくなら、、よかったですが

いい一日でありますように!

No title

コメント ありがとうございます。

ちあきさんのお母様は大正元年でいらしたのですか  なべちゃんのお母様も近いですね。   昭和も91年とは、いやはやです。

昔の行事は何か特別な思い入れがあります。
古くから伝わった多くの慣習も速度を速めて消えて行く気がします。
我が家においてはお正月のしめ縄がリースになり、お屠蘇がワインになっています。
物事は、世代交代で様々に変わって行くのですね。
プロフィール

れいこ24

Author:れいこ24
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。